お尻にできたトラブルを自分でケアする

お尻は、ほかの部位と比べて分厚い
常に乾燥した状態にあるなど
皮膚そのものにも大きな特徴があります。
また、外気にふれる機会が少ないことや
座ったときに受ける上半身からの圧迫や
皮膚に直接ふれる下着との摩擦など
絶えず、いろいろなストレスにさらされています。
そのため、お尻は黒ずみができるほか
ニキビや粉瘤(ふんりゅう)など
いろいろなトラブルに悩むことにもなります。
そのような状態を改善するためには
皮膚を清潔にした後、きちんと保湿することが大切です。
お尻の保湿に使うものとして
馬油・尿素・オロナインなどはおなじみで
薬局などで簡単に入手できることもうれしいですね。
ほかにも、お尻専用の保湿クリームやジェルがあり
ネット通販でも注目されています。
もちろん、お風呂に入ったときは
お尻をキレイに洗うことも大切です。
そのとき、ナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うと
皮膚を傷つけるため、却って症状を悪化させてしまいます。
やはり、お尻を洗うときも
顔を洗うときと同じように石けんを泡立てて
やさしく包み込むように洗うことがポイントです。

usa