「お尻の黒ずみ」ほかにはない環境とは?

皮膚にトラブルが起きる原因は、ふだんのケアとの関係も見逃せませんが、お尻に黒ずみができるのには、ほかの場所にはない事情があります。
つまり、お尻を取り巻く環境に注目する必要があるのです。
外気に触れている時間は、体の部位によっても異なりますね。
たとえば、「顔」はずっと外気に触れていますが、「お尻」はほとんど外気に触れない状態にあります。
そのため、常に通気性が悪く、汗で蒸れたりして、不衛生な環境が続くことになります。
また、イスに座ったときや正座したときには、上半身からの圧迫をまともに受ける形になりますね。
このように、絶えずストレスにさらされているお尻ですが、皮膚は乾燥しているため、新陳代謝が悪いことも皮膚のトラブルにつながるのです。
そのため、お尻の黒ずみを改善するためには、皮膚を清潔にすることや、入浴後の保湿を心掛けることが大切だといえます。
たとえば、お風呂で体を洗うときは、石けんが残らないようにシャワーで洗い流すことも大きなポイントです。
また、保湿のためには、お尻専用の保湿クリームやジェルを使うことをお勧めします。

usa