お尻のトラブルにお勧めの「ピーリング」

お尻は、常に圧迫された状態にあるため、いろいろなトラブルを起こす部位です。お尻の黒ずみは代表的な症状ですが、ほかにも、皮膚がガサガサしたり、赤いブツブツができたりすることがあります。
そのような皮膚のトラブルを改善する方法として「ピーリング」が注目されています。ある「メディカルエステ」の「ヒップざらつきコース」では、医師開発のボディ専用角質ケアに大きな特徴があり、施術を繰り返すことで美尻の実現が可能です。また、ビタミンCを肌の奥に導入・浸透させて炎症を鎮めることにも大きなポイントがあります。
こちらで使われる機器には、がんこなブツブツや色素沈着を解消できるところに特徴があります。また、ピーリング剤を肌質ごとに使い分けることや、施術による痛みがほとんどないことでも人気があります。
ちなみに、「ピーリング」は市販品を使って自分で行う方法もあります。しかし、皮膚は思った以上に大変デリケートにできています。やはり、信頼できるところを探して、きちんと施術を受けたほうが安心です。

Read More

お尻にできたトラブルを自分でケアする

お尻は、ほかの部位と比べて分厚い
常に乾燥した状態にあるなど
皮膚そのものにも大きな特徴があります。
また、外気にふれる機会が少ないことや
座ったときに受ける上半身からの圧迫や
皮膚に直接ふれる下着との摩擦など
絶えず、いろいろなストレスにさらされています。
そのため、お尻は黒ずみができるほか
ニキビや粉瘤(ふんりゅう)など
いろいろなトラブルに悩むことにもなります。
そのような状態を改善するためには
皮膚を清潔にした後、きちんと保湿することが大切です。
お尻の保湿に使うものとして
馬油・尿素・オロナインなどはおなじみで
薬局などで簡単に入手できることもうれしいですね。
ほかにも、お尻専用の保湿クリームやジェルがあり
ネット通販でも注目されています。
もちろん、お風呂に入ったときは
お尻をキレイに洗うことも大切です。
そのとき、ナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うと
皮膚を傷つけるため、却って症状を悪化させてしまいます。
やはり、お尻を洗うときも
顔を洗うときと同じように石けんを泡立てて
やさしく包み込むように洗うことがポイントです。

Read More

お尻に起きるトラブルには、どんなものがある?

外気にふれる機会がほとんどないお尻には、お尻ならではの環境もあり、いろいろなトラブルに見舞われます。
「お尻の黒ずみ」は、お尻のトラブルの代表選手ですが、「ニキビ」や「出来物」(おでき)などができることもよく知られています。また、お尻には「粉瘤(ふんりゅう)」ができることもあるため、注意が必要です。
さいわい、粉瘤は良性の腫瘍ですが、自分では手に負えないため、腫れ上がったり熱をもっていたりしたら、速やかに専門医に治療を受けることが大切です。
また、お尻の部位にもよりますが、肛門の近くにできる場合は「痔ろう」の可能性も考えられます。ほかにも、割れ目の付近に赤いブツブツができたり、ビキニラインが黒ずんだり、いろいろなトラブルが考えられます。
なお、お尻に黒ずみができる原因として、新陳代謝が悪いことから角質肥厚が起こることにより、乾燥したガサガザした皮膚になるという、一連の過程も無視できません。ほかにも、ニキビが潰れた跡が黒ずみになることも注目されています。

Read More

「お尻の黒ずみ」ほかにはない環境とは?

皮膚にトラブルが起きる原因は、ふだんのケアとの関係も見逃せませんが、お尻に黒ずみができるのには、ほかの場所にはない事情があります。
つまり、お尻を取り巻く環境に注目する必要があるのです。
外気に触れている時間は、体の部位によっても異なりますね。
たとえば、「顔」はずっと外気に触れていますが、「お尻」はほとんど外気に触れない状態にあります。
そのため、常に通気性が悪く、汗で蒸れたりして、不衛生な環境が続くことになります。
また、イスに座ったときや正座したときには、上半身からの圧迫をまともに受ける形になりますね。
このように、絶えずストレスにさらされているお尻ですが、皮膚は乾燥しているため、新陳代謝が悪いことも皮膚のトラブルにつながるのです。
そのため、お尻の黒ずみを改善するためには、皮膚を清潔にすることや、入浴後の保湿を心掛けることが大切だといえます。
たとえば、お風呂で体を洗うときは、石けんが残らないようにシャワーで洗い流すことも大きなポイントです。
また、保湿のためには、お尻専用の保湿クリームやジェルを使うことをお勧めします。

Read More

皮膚にトラブルがあると、どんなときに困る?

薄着をしたり、半袖の衣服を着る機会が多い季節になると
皮膚にトラブルがあると、消極的になってしまいます。
ムダ毛の存在は、大きな悩みのひとつですが
自分では、直接確かめることができない
首筋や背中なども、きちんとケアしておかないと
恥ずかしい想いをするかもしれません。
また、膝や肘に黒ずみができると
半袖やミニスカート姿になったときに
まわりの人からの視線が気になったりします。
それに、ミニスカートやショートパンツのときは
太ももの黒ずみも目立つかもしれません。
さらに、太ももが黒ずんでいるときは
お尻に黒ずみがある場合も多いので要注意です。
ふだん、お尻をみられる機会はあまりありませんが
水着姿になったときには、丸わかりになります。
もちろん、水着のデザインにもよりますが
多かれ少なかれ、お尻から太ももに掛けての
皮膚の黒ずみが目立つのは間違いないですね。
お尻は、ふだん意識しない部位だけに
なんらかのトラブルがあっても見逃しがちですが
こういうときに困ることを知っておくことが大切です。
また、日頃から適切なケアをして
皮膚の状態を改善しておくことをお勧めします。

Read More

お尻のトラブルは自分では気付きにくい

お風呂に入るときに衣服を全部脱いでも、自分でお尻を観ることは少ないですね。また、背中も含めてですが、キレイに洗うことは難しいですね。
そのような事情もあり、ついつい手抜きしてしまうお尻ですが、なんらかのトラブルが起きていても、やはり気付きにくいものです。ガザガザした感じがして、鏡越しに観て、初めてお尻に黒ずみができていることに気付くことも多いのです。
ただ、デスクワークが多い職場に勤めている人や、正座をする習慣が多い人は、上半身からの圧迫を感じることは日常的にあります。また、イスや座布団との摩擦も見逃すことができませんね。
それに、イスに座るときはじっとしているつもりですが、考え事をするときに、無意識のうちに体を動かすことが多いですね。また、キャスター付のイスも増えていますが、近くへ移動するときは、座ったまま動くこともあり、お尻や太ももが摩擦を受ける原因にもなります。
このように考えると、お尻の黒ずみは気付くきっかけは人それぞれですが、日常生活の積み重ねとの関係を無視することはできませんね。

Read More

お尻に黒ずみができる原因とは?

体のどこかに「異変」が生じても、自分ではなかなか気付かないこともあります。
自分で直接みることができたり、ふつうに鏡に映る部位は、割と異変に気付くことがあるのですが、背中やお尻などはあえて観ることも少ないですね。
そんなわけで、ふだんは放置しているお尻ですが、びっくりするような状態になっていることもあるのです。
その典型的な事例として「お尻の黒ずみ」があります。
体には、ほかにも黒ずみができる部位がありますが、お尻にできる黒ずみの原因として、パソコンの前に座りっぱなしなど、デスクワーク中心の生活が考えられます。
また、お尻と太ももが黒ずむことが多いのですが、上半身の体重を支えることや、下着から受ける摩擦も無視することができません。
その下着自体にも問題があり、化繊でできているものだと、どうしてもお尻に刺激を与えてしまいます。
それを防ぐためにも、綿100%のものなどを着用することが大切です。
なお、ジーンズが太ももに擦れると、皮膚の黒ずみにもつながりますので、ゆったりしたデザインのものを履くなどのくふうが必要です。

Read More